2005年08月11日

覚悟

小泉純一郎



郵政民営化、行政改革、中身については

議論のあるところだろう


しかし、白黒ハッキリつける、体を張って事を起こす

という政治姿勢は好ましい


自分の事を棚に上げて言わせてもらえば


人間の品格は顔にでる


小泉純一郎は欲得に鈍感なのが顔に出ている

損得にばかり執着する人間は顔に油が浮き出てくる


今の日本で危機的なことは私利私欲にとらわれないで

正しいことは正しいと大きな声でいえる人間が少ないことだ


『ありがとう』とか『すいません』とかあたりまえの

ことさえできない風潮だ


いまの若いやつらはなんていう理屈は通らない

かなりの年配の人間でもそんなことさえ出来ない人がいる

若い人でもきちんとしているのは一杯いる


その人間の品格が問題で年齢には関係ない


小泉純一郎をみて私も襟を正して

行動せねばという思いを新たにした


首相が変われば国民は変わる

トップが変われば社員は変わる


上に立つ者の責任は重い


posted by ごんたくん at 17:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 生き方を探す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「品格」でどうしてもひと言。
昔、「ボロは着てても心は錦」そういう大人がいました。わりと身近にいたりしました。
今はどうでしょう。「錦は着ててもボロ心」って人がいっぱい。地位も名誉も財産も手に入れた。満足、満足。でも、品位のない言動を隠し切れない。「品格」は公私共に隠せぬもの。
地位も名誉も財産も、その俗っぽい欲求をごし押ししやすくするために欲しかったの?
そんな実感が深くなるばかりの今日この頃なのでございます。
昔の人は、錦を身にまといつつも、心が貧しいと恥じたものです。錦に負けない心を、と努めたものです。中途半端な半凛子は、貧乏が長過ぎて、心は錦と言うよりも、心を錦にしなきゃ、卑屈に負けちゃう、歯軋りしてきたのですが……。
Posted by 半凛子 at 2005年09月28日 19:27
半凛子さん コメントありがとうございます。

ブログをはじめたのはいいけれど、本当に七転八倒になってしまい、ようやく最近立ち直ってきました。そこで頂いたコメントは砂漠で見つけたオアシスのようで、どれだけ力になるかわかりません。ちょっと地味なブログこれからも宜しくおねがいします。
Posted by ごんたくん at 2005年09月28日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

倒産
Excerpt: 倒産の最新情報をチェック!ad4();         倒産 ニュー...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-08-30 20:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。