2005年09月28日

うれしいお便り

ブログの楽しさ実感


ブログに長文のコメントをもらった!


思い出してみると第1回のブログは

まるで面接に行く受験生のようで

肩に力が入りまくり、文章もどこに力を入れていいのやら

抜いていいのやら、とにかくスタートした。


その内、書けば書くほどネタにつまってきて絶対絶命!


尊敬してるU氏に相談してみると普段の

貴方のままをお書きなさいとのアドバイス


確か七転八倒物語を書いた時に息子に

『そんなにきれいにまとめたってありのままを

書かなければ皆の気持ちに届かないよ』と

ガツンといわれた事を思い出した。



やっぱり肩に力が入る性格かも。

そんなことを何時も考えながら

孤独な作家生活?


密に何時か誰かに共感して貰えるのではとの甘〜い期待


そして本日ついに長文のコメントあり

同志 現れる!

これからは一人旅ではないぞ!

乞う、ご期待(表現が古いかも)
posted by ごんたくん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。